子どもの初めてのお絵かきなら「ポンキーペンシル」がおすすめ

こどもが絵を描く姿って見ているだけで幸せな気持ちになりますよね。子どものためのお絵かき道具って意外と種類があること、知っていましたか??私が小さい頃はクレヨン、色鉛筆、クーピー、マーカーなんかをよく使ったなと思うのですが、今回はそれらに比べるとずいぶんマイナーと思われる「ポンキーペンシル」を紹介します。

全部が芯の色えんぴつ ポンキーペンシル

ポンキーペンシル、略してポンキーは「全部が芯の色えんぴつ」です。

公式サイトはこちらからどうぞ。

全部が芯というだけあって折れにくいです。筆圧が強い子や、鉛筆を持ちなれていない小さな子は握りこんでしまい、クーピーをバキバキにするのはよくある光景ですが、ポンキーなら大丈夫。

ポンキーペンシル

濃くかける

子どもが初めて鉛筆を持ってお絵かきをしたときに、うっすらと見えるくらいしか力を入れられなかったことが印象的でした。筆圧をかけて描くというのは小さい子には難しいんですね。ポンキーはクレヨンに似た書き味で(色鉛筆とクレヨンの間と言われているとか)あまり力を入れなくてもはっきり濃く描くことができます。まさに初めてのお絵かきに最適。

紙以外にも描ける

ペットボトルやビニール袋などさまざまな素材に描くことができるので、工作に向いているそうです。

手が汚れにくい

丈夫な紙ロールで巻かれているので、普通のクレヨンみたいに紙がはがれることがありません。削ったり描いたりの使い勝手は色鉛筆とほぼ同じです。そのため小さな子が持っても手が汚れにくく自由に描かせてあげられます。

ポンキー書き味

使用感たっぷりの写真ですみません。パッと見た感じでは継ぎ目もなく紙かどうかわかりませんよね。このまま削り器で削ることができます。

「色混ぜ」ができる

色の種類はクーピーやパステルに比べると少なく全部で12色ですが、薄く塗り重ねることで色を混ぜることができます。上記のセットには入っていませんが、単品で白色が販売されており、白を用いた混色を行うと表現できる色がかなり増えるそうです。

ポンキー色混ぜ

試しに色混ぜしてみました。水色+きみどり➜みどりです。混ぜ具合で濃淡もかなり変えられるので繊細な描写もできそうですね。

公式サイト内「色のつくり方」で混色の方法を紹介しているのでぜひ参考にしてみてください。

我が家での使用感

急に色鮮やかに

ポンキーを使うようになってから、子どもの絵が急に色鮮やかになりました。まだ小さいのでやはり筆圧が弱いのだと思うのですが、ポンキーで描くとひとつひとつしっかりした線になるので作品も濃く鮮やかな仕上がりです。また一度描いた線の上に別の色で描いてもどんどん塗り重ねることができるので、いろんな色を使うのが楽しいと感じているようです。

紙以外に描いちゃう問題

困ったことも多少はあります。「紙以外にも描ける」「工作向き」と言いましたが、つまりやろうと思えばテーブルやおもちゃにも簡単に描けちゃいます(苦笑)プラスチック製のおもちゃに色がつく!と子どもが気が付いた時には何度かやられました。また、紙からの延長でテーブルや机に描いてしまうこともよくあります。ただし、ポンキーで描いた線は普通の消しゴムで消えるので大丈夫!クレヨンやマーカーだとそうはいきませんよね。素材によっては消せないものもあると思うので注意は必要ですが、つるつるのプラスチックのおもちゃや木製のちゃぶ台、テーブルに関しては消すことができましたので参考までに。

色鉛筆とクレヨンのいいところを集めたようなお絵かき道具ポンキーペンシルはいかがでしたか。ボールペン、マーカー、持ちやすく改良されたクーピー等いろいろ使ってみましたが、我が子はこれを使ったときが一番上手に描けています。初めてのお絵かき道具にはぜひポンキーペンシルをお試しください。